借地権が増えている

たくさんの土地を持っている地主さんは財産も多く、周りからも羨ましいと言われることがあります。
しかし近年ではこのように土地を持っている地主さんが自分の持ち物である土地を他人に貸すという形で借地権付きの扱いをする事も増えてきました。
不景気社会のあおりを受けて土地を持っていると、その分の税金が必要になってしまうため借地権として扱う方がメリットになるためです。

ただ、借地権にも複数の種類があり、種類によって扱いが変わってきます。
他人に貸した後の扱いに関してもしっかりと把握しておらず借地権として貸し出してしまうような地主さんもいるため、借りる側としても正しい知識を持つ必要があるでしょう。
借地権をめぐるトラブルは非常に多くなっており、特に借地権の譲渡問題や相続問題などでも多くのトラブルがあります。
借地権として扱うことによって自分の所有する土地を収入に変えることができますが、借り手側とのトラブルを避けるためには契約する際に様々な決め事が必要になります。

また、一度契約を結んでしまうと、その後の契約変更に関しては双方の同意がなければ行うことができないので貸しているだけで自分の持ち物だといった意識を強く持ちすぎている地主さんの場合には、その分トラブルも重くなります。
まずは借地権の種類を知り具体的な扱い方についても学んだ上で土地の有効活用をしていくようにしましょう。
有効活用したいと思っていた土地を巡って様々なトラブルに巻き込まれてしまうのは逆効果です。



▽特集
更新料や譲渡など多くのトラブルがある借地権の相談ができるサイトです ・・・ 借地権 更新料

Copyright © 2014 借地権の種類 All Rights Reserved.